オンラインカジノ

オンラインカジノ ジパングカジノ Youtube Stats, Channel Stats, Youtube Insight & Channel Report

ジパングカジノ(Zipang Casino)はリニューアル後、たくさんのプロバイダのゲームで遊ぶことが出来るようになりましたが、やはりメインとなるゲームは「プレイテック」社のゲームです。 15年以上サポートを続けてきたノウハウがあるため、その解答は非常に適切で信頼度抜群。 ジパングカジノ(Zipang Casino)の大きな利点として、「24時間日本語サポート」が挙げられます。 そのため年季の入ったビデオスロットが人気台であることが多く、その筆頭である『グレートブルー』や『ゴールドラリー』などはリリースから10年近く経過している大変歴史の深いカジノゲームです。 またリニューアル後はゲーム数も増えベテランプレイヤー達を満足できるラインナップとなっています。 ビギナーズラックでグレートブルーが結構出ちゃって…、当時はまだプレイテック社のゲームだけだったころですね。

カスタマーサポートには日本人を採用しており、ライブチャットやメール()だけではなく、電話にてサポートを受けることができます。 ※運転免許証の表面に現住所の記載が無い場合、現住所が確認可能な発行から3ヶ月以内の住民票や公共料金の明細書や請求書等を併せて提出してください。 ジパングカジノのライブカジノでの勝ち金の支払い実績は累計で200億円を超えており、しっかりとプレイヤーに払い戻しが行われています。

  • マンスリーボーナスで全て負けてしまっても2回目の入金で追加される仕組みです(マンスリーリベンジボーナス)。
  • アプリケーションのダウンロードをしてプレイするというシステムなので、スマホでもプレイすることが可能です。
  • また、獲得した賞金を賭けてダブルチャレンジを受け入れることができるギャンブル機能もあります。
  • ジパングカジノ(Zipang Casino)では、いつでもプロモーションやキャンペーンが行われていることでも有名です。

賭け金から勝利金などを引いた値にボーナス率をかけた金額が払い戻されます。 公式サイトから少ない手順で簡単に完了します、是非ご参考下さい。 仮想通貨には対応していないので、普段からビットコインやライトコインなどを運用している人は注意が必要です。 投稿された動画の本数は800本を超えており、グラビアアイドルが出演する企画やライブカジノの検証動画など、ギャンブル好きにとって魅力的なコンテンツが豊富です。 など、ライセンスを取得するためにはたくさんの条件をクリアする必要があり、さらに数年に一度取得基準に到達しているかチェックします。 PCやスマートフォンなど端末を問わずプレイでき、YouTube公式チャンネルにてユニークな動画を投稿しているという特徴があります。

2020年10月にハイブリッド化してハイブリッド系オンラインカジノになりました。 ジパングカジノでは、ウィナーズクラブ限定特典の40ドル無料チップが用意されています。 本ボーナスとは別に、通常入会オファーとして最大3000ドルの入金ボーナスが用意されています。 ジパングカジノの払い戻しまでの期間は、「ecoPayz(エコペイズ)」「Paytra(ペイトラ)」などの電子マネーを利用した場合6時間~2日程度で支払いが行われます。 身分証明書を提出されていない場合、もしくはプレイ状況などにより追加の審査が行われる場合があるため、あくまでも目安とお考えください。 ジパングカジノの場合は日本人サポートがいますので、ローマ字の「ただし書き」は必要ありません。

ジパングカジノでは、ゲームフィルター機能によって、ゲームプロバイダーやゲームカテゴリーから自分好みの選択をして検索をすることができます。 ジパングカジノは他のオンラインカジノとは違い、独自システムを採用しており、パソコンにソフトのインストールが必要です。 どこのオンラインカジノに登録しようか悩まれている方は、こういった口コミを参考にすると良いかもしれません。 そういった理由から売上が減り、ボーナスなども以前より減ってしまっており、新規で登録するプレイヤーも減ってきているのだとか。 ジパングカジノから出金をしようと思っても、様々な理由によって出金できないケースがあります。 出金できないと大きなストレスになりかねないだけに、きちんと理由を突き止めて対処することが重要です。

また、ライセンス取得の要件には事業の透明性が求められており、オンラインカジノだけでなく店舗 型 リゾート カジノにも事業を拡大している信頼できる実績のある企業です。 運営者であるBayviewTechnologies Limitedは、英国政府のオルダニー島も所有および維持しており、オランダ政府からキュラソーにライセンス供与されています。 これらのライセンスは、世界の多くのオンラインカジノライセンスの中で最も取得が難しいと考えられています。 ペイアウト率はオンラインカジノでお金を稼ぐための重要な要素なので、これはプレイヤーにとって良い時期です。

また、ジパングカジノの収支は、第三者機関であるGLIによって毎月、監査と報告を受けていますので、信頼性は十分といえるでしょう。 ジパングカジノの運営会社はフィリピンにある「ベイビュー・テクノロジーズ・リミテッド(Bayview Technologies, Limited.)」によって運営されています。 カジノは、ラスベガスにあるような実店舗やオンラインで行われるゲームも絶対に稼げるということはありません。 また、期間限定のクエストを全てクリアすることでボーナス額が、最低30ドルから最高100ドルまで増やすことができます。 通常通り運営されていれば支払いが遅れることはまずありませんので、運営元の事情が悪化している可能性も考えられます。 しかしこういった少しこじつけのような形で取り締まられることもあり得るのです。

オンラインカジノが日本で違法ではない理由

また、日本語対応も丁寧さで高い評判を得ており、日本人ユーザーでオンラインカジノの仕組みが分からない方でも安心してプレイできます。 海外ではインターネット上のサービスとして認められているからこそなしえる、運営企業の株式上場。 ジパング カジノ ボーナス 利用者側からすると、名もない企業が運営しているオンラインカジノよりは、断然信頼性が高く、安心して遊べる企業です。 今回は、中でも日本向けにサービスを提供している企業とサービスをまとめてみました。

その他にも、ジパングカジノでは、ビデオポーカー、キノ、ビンゴゲーム、ダイスゲームなど様々なカジノゲームが提供されています。 本テーブルは、Top 3、Perfect Pairs、Buster Blackjack、21+3などのサイドベットが充実しており、ライブゲームに最も近いテーブルゲームとなっています。 テーブルゲーム ジパングカジノでは、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、ポーカー系に至るまで、多種多様のテーブルが用意されています。 基本スタイルのテーブルゲームはもちろん、飽きずに長く楽しめるアレンジ版テーブルゲームも充実しています。

2017年1月 「NetBanQ」に関連し家宅捜索を受けていたプレイヤーのうち一名が略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せ、結果的に不起訴となった。 文字は黒ですが差し色に赤とゴールド系の色が入っていて清潔感があるのに豪華な感じもあります。 リアルタイムで進行されるゲームはまるで本場のカジノにいるようです。 大げさに国内のスロットで例えるとボラティリティ低がマド4、ボラティリティ高が鉄拳デビルと言ったところでしょうか。

入金ボーナスを受け取るには入金時にジパングカジノに、入金ボーナスを申請することで受け取りが可能です。 また選んだボーナスによって利用規約が異なってくるので、選択する前に規約を確認することを徹底してください。 出金完了の遅さへの不満をいだいているユーザーの多くは、エコペイズ利用によるものかと思われるので、できるだけペイトラを使うようにしたいですね。 多くの日本語に対応しているカジノでも24時間対応なのはEメールがほとんどで、チャットに電話まで対応しているのはジパングカジノの圧倒的な強みです。

これは毎週日曜日限定のボーナスで、その内容は週ごとに変わります。 非常にお得なボーナスかと思いきや、実は悪い評判が多数見られます。 ジパングカジノはとにかくボーナスが充実していることが大きな魅力です。 特に初回入金時には、業界最高レベルの300%ボーナスを受け取れます。 なるべく早くお金を使いたい場合は、ecoPayzやiWalletではなくペイトラを利用した方が良いでしょう。 YouTubeで紹介された手法でスロットやゲームをプレイすることで、初心者でもある程度の収益を出せるでしょう。

私たちはプレイヤーの皆様に安全にギャンブルを行っていただけるよう、オンラインカジノに関する正確な情報をお届けしています。 という方はジパングカジノに登録することを検討されてみてはいかがでしょうか。 ジパングカジノは入金不要ボーナスや入金ボーナスをはじめとするプロモーションを思う存分活用できるお得なオンラインカジノでです。 ジパングカジノでは、お金の使い過ぎや、長時間プレイし過ぎるなどの問題を抱えるユーザーの為に、自己規制プログラムを提供しています。 ご希望の期間アカウントを停止することができますので、不安のある方はカスタマーサポートに連絡して設定して下さい。

登録、入金、遊んでからのお金の引き出しまで全てスマホ1台あれば問題ありません。 ここまでジパングカジノがどのようなボーナスを用意しているかについて解説しました。 定期的に開催されるプロモーションとはいっても、その期待度は抜群。 ジパングカジノ公式サイトはフィリピンにある企業が運営していますが日本語対応サイトだけでなく、日本語コンテンツを提供しているのもファンが多い秘密かもしれません。 ジャックポットスロットなどで超高額の勝利金を獲得した場合やカジノ側から承認を受けたVIPプレイヤーを除き、ジパングカジノからの出金限度額は1か月の入金額+1万ドルと決められています。

例えば、10BTC(ビットコイン)を入金すると、他の通貨には換算されず、そのままゲームサイトでは10BTCとして反映されます。 システムやセキュリティの管理チームを常時稼働させ、審査を経てライセンスを取得したゲームのみを提供するなど、安全で公正なブランドであり続けることを目標としています。 ミスティーノは、ヨーロッパのオンラインカジノ業界で成功した企業グループを設立した業界のベテランたちによって運営されています。 カジノシークレットは、賞金やキャンペーンボーナスをカジノ通貨ではなく、現金で受け取ることができるオンラインカジノです。

「実際に賭け事が行われている現場は海外のサーバーであり、日本にいるプレイヤーはPCの操作をしているだけ」と考える人もいますし、逆に「日本から参加しているのは事実」という声もあります。 クレカも使えないビーナスポイントも使えない、ジパング系列だけのペイトラも使いたくないし入出金は厳しいね。 ジパングカジノが契約している全てのプロバイダー(ゲーム会社)は、提供しているゲームが人の手によって操作されないよう、RNG(乱数生成プログラム)を必ず第三者機関によってチェックしています。 RNGの試験をパスできなかったプロバイダーとは契約していないので、信頼性の高いカジノゲームのみが設置されています。 ジパングカジノは、毎月行われるプロモーションがスケジュールで管理されており、定期的に開催されています。 プロモーションのスケジュールについては、毎月の前半・後半の日程が書かれたメールが月2回送られてくるので是非確認してください。

Zipang Casino ゲームの種類

※本ボーナスは、ボーナス進呈時から 【 2日間 】 の期間中に最低賭け金条件がクリアされていない場合には、勝ち金及びボーナス額は自動的に削除されます。 規定のご遊戯がない場合、及び消化期限内に最低賭け金条件がクリアされていない場合は、勝ち金及びボーナス額は自動的に削除されます。 オンラインカジノは還元率95%と高く、1撃で億を稼げる夢もある素晴らしいギャンブルですが、微妙なサイトが存在するのも事実。 ライセンスの信頼性については実際にあったオンカジ詐欺と逮捕事例! たまたま勝ったプレイヤーですら追い出されるようになり、ジパングカジノからプレイヤーが減少している状況になっています。

先ほど触れた通り、ジパングカジノはオンラインカジノとして初めて日本語での24時間サポートを開始したオンラインカジノです。 また、世界で初めて24時間完全日本語サポートを開始し、オンラインカジノを日本人ユーザーが使いやすいものにしたオンラインカジノの一つでもあります。 先ほどもお伝えした通り、ジパングカジノ(Zipang Casino)の日本語カスタマーサポートは電話・チャット・メールで24時間対応、しかも親切で有名です。 パーティーカジノは、運営企業も提供するゲームソフトウェアも自社開発というしっかりとした企業なのですが、日本語サービスの提供を終了してしまったので、割愛させていただきます。

ジパングカジノでは、沢山のプロモーションを行っていますが注意しなければならないポイントが多数あります。 ジパングカジノでは【ライブチャット】、【メール】、【電話】での対応をしてくれますが、電話をした際何度電話しても24時間体制のはずが一向に電話に出ない。。。 『常にプレーヤー目線で快適に楽しく、安心して楽しむことができるオンラインカジノ』をモットーにしているジパングカジノは、どのようなカジノなのか検証していきます。 ジパングカジノ(Zipang Casino):オンラインカジノ業界の老舗カジノについて解説していきます。

ジパングカジノ(ZipangCasino)はスマホでもプレイ可能、24時間の日本語サポートなどが特徴のオンカジです。 ジパングカジノは2005年から運営されている老舗企業ですが、相手は海外に拠点を構えるギャンブル企業。 本当に不正やイカサマをしていないのか、そもそも違法性はないのかと疑問に思うのも当然かもしれません。 そのため、次の項目ではジパングカジノがどのように不正やイカサマを防ぐ仕組みを作っているかについて解説します。

海外のサーバーで運営されており、元の企業も実際に海外法人ですが、運営を担当していたのが日本国内の会社であったという見方が濃厚です。 サポートが日本語のみであったことなどが判断材料となったようです。 こういった事件があったことから、採用していたソフトウェアであるプレイテックや、ファーストカガヤンライセンスの信頼性が一部で疑問視される事態となりました。